3月10日は砂糖の日!

みなさん、こんにちは。製造担当のジャッキーです。

このブログ記事を書いているのは、3月4日になります。皆様のお目に触れるころには過ぎてしまっているかもしれませんが、3月10日は“砂糖の日”になります。

photo by 写真AC

 

 

もうおわかりだと思いますが、さ(3)とう(10)(砂糖)のごろ合わせです。こちらは砂糖についての啓発活動を実施している「お砂糖“真”時代」推進協議会が2014年(平成26年)度に制定しました。

同協議会の参加団体など、当社ヨシさんのblogに紹介文などがございますので、ぜひお目通しください。

 

 

また同時に11月30日も“いいさとう”として“砂糖の日”に制定されました。

 

制定された初年度の2014年11月には東京において、お砂糖キャラクターの“シュガタン”のお披露目、防災と備蓄をテーマとした講演、著名人によるトークショーなど、大々的に誕生イベントがとり行われました。

また翌年には、3月10日の“砂糖の日”の誕生イベントが行われ、展示ブースにおいて、砂糖についての啓発パネルやフランス菓子の展示、“シュガタン”との撮影会、お砂糖クイズなど様々な催し物が行われ、盛況のうちに幕を下ろしました。

 

またこの日だけでなく、日頃から砂糖の魅力を伝えるために農林水産省は“シュガタン”と「ありが糖運動」をしています。イベントの模様など詳しくのっていますので、ぜひご覧ください。

 

 

photo by 駒屋

砂糖は、体にとって重要なエネルギー源であり、心身ともに満足感を与えてくれるだけでなく、料理の味付け、嗜好品にも使われており、私たちの食習慣を豊かにする重要な食材の一つです。

まずは皆様に知っているようで知らない(!?)砂糖について、このようなイベントを通じ、身近に感じていただけたらと思います。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)