とげとげなまち?愛知県春日井市のご紹介

 

みなさん、こんにちは。製造担当のジャッキーです。

私は愛知県名古屋市に住んでいます。

 

隣には春日井市(“ゴリラーマン”で有名なハロルド作石先生の出身地です、キラッ)があって、私の奥様が好きなパン屋さんがあり、焼き立てのパンを求めて買いに行ったりしています。

 

そのパン屋さんへの道すがら、JRの勝川(かちがわ)駅近辺を通るのですが、その勝川駅のロータリーになぜか三体の“サボテン?はにわ?”のゆるキャラ?が立っています。私自身サボテンと言えば、荒れ地だったり砂漠だったりをイメージするものですから、そこを通るたびになぜこんな街中(春日井市)にゆるキャラとはいえ、“サボテン?”が立っているのだろうとずーっと気になっておりました。

 

 

で、先日どうしても気になるものですから、奥様がパンを買っている最中に、そのロータリーまで行って、じっくり眺めてみることにしました。

 

 

 

結論、“さっさと見に来ればよかった”。

 

 

なんとそのゆるキャラ?の台座に理由がものの見事に書いてありました。

左から、“代(はるよ)・丸(にちまる)・之介(いのすけ)、三人の頭文字を足すとあら不思議、”春日井“!

 

photo by Unsplash

というもの“春日井市は実生サボテン生産日本一”とのこと。

※実生(みしょう)とは、種から発芽して生長している植物のこと。

 

 

そういうことだったんですね。だから近所の御菓子屋さんで“サボテンサブレ”や“サボテンメロンパン”などが売ってたりするわけなんですね、納得、納得。

 

これは春日井市のJR勝川駅目の前の“御菓子処 美濃屋さんのサボテンくん”です。

 

 

また一つ、勉強になりました。

気になったら実際に足を運んで直に見てみることも大事ですね、うんうん。

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)