駒屋から食べて楽しむ甘い春をご紹介

みなさん、こんにちは。製造担当のジャッキーです。

この記事を書いております時期は、まさに春が始まろうとしています。

 

朝晩はまだまだ寒く、暖房のお世話になっておりますが、お昼ともなると、暖かくコートやダウンも不要。昼休みには外に出て、“ラジオ体操”をするだけで、心も体もリフレッシュ。(花粉にはお気を付けください)

 

さて上記の写真、桜餅(関西風)です。この時期になると、スーパーやコンビニなどの店頭にも並び、とっても春を感じさせますよね。

道明寺粉で皮をつくり餡を包んだ、まんじゅう状のお餅で、ほおばった時に何とも言えない“ほわっ”とした食感と、その後に訪れる甘さのハーモニーが、食べるものを幸せへと導いてくれます。(おおげさ)

実はこの桜餅、上記の写真の関西風(道明寺餅)と下記の写真の関東風(長命寺餅)の2種類がございます(知ってた!?)

photo by pixabay

 

 

 

photo by 写真AC

一方の関東風(長命寺餅)は小麦粉などの生地を焼いた皮で餡を巻いた、クレープのようなお餅です。

私自身、大阪出身で、関西風(道明寺餅)のものしか知らなかったものですから、初めて関東風(長命寺餅)を見たとき、これも桜餅ということにびっくりしました。(食べるとどっちも美味しいですが)

 

 

 

photo by 駒屋

唐突ですが、前振りはここまでにいたしまして、実はいよいよ弊社におきまして“さくらひらり”というお砂糖を発売開始いたしました。

 

“春めく午後のティータイム”をテーマに柔らかな桜の花びらを模した形になっています。

 

 

発売開始前に予約がつくほどの人気商品です。ぜひ、“駒屋のさくら”を愛でてみてください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)