飲む美容液?飲む点滴?発酵パワーでおいしく綺麗に。

こんにちは、製造担当のサチです(*^〇^*)

今回は、お酒はお酒でもちょっと違ったジャンルのお酒、『甘酒』についてお話ししたいと思います!

 

近年では「飲む美容液」、「飲む点滴」なんて言われることの多い『甘酒』。スーパーや専門店などでもいろんな種類の甘酒が置いてありますよね。その甘酒には種類があるというのはご存じでしょうか?甘酒は種類によって味や効果が異なるんですよ~。

 

ではその違いについて紹介していきたいと思います!

 

 

 

甘酒は2種類ある

日本の伝統的な飲み物甘酒。その甘酒は大きく分けて『酒粕』と『米麹』の2種類があります。この2つは同じ甘酒でも味や効果が異なります。

 

 

酒粕甘酒

『酒粕』は日本酒を製造した際に出た搾りかすのことです。その酒粕を水やお湯を加えてのばしたものが『酒粕甘酒』です。さらさらとした液状で見た目は濁り酒のよう。

アルコールが少し含まれています。酒粕自体は甘くないので砂糖で甘く味付けされています。酒粕の香りがつよく独特な香りとコクがある。『ダイエット効果』や『睡眠効果』などが期待できます。マッコリというお酒が好きな人はきっと好きな味(・_・)笑

 

 

米麹甘酒

味噌や醤油などを製造する際に使われる『米麹』で作られた甘酒です。甘酒ブームの火付け役となったのはこっちの甘酒です。ブドウ糖が多く含まれているという点から「飲む点滴」なんて言われています。

米麹甘酒はアルコール成分が含まれていないです。最近ではこちらの種類の甘酒の方が店頭でよく見かける気がします。米麹自体がほんのり甘いので、砂糖を入れていないことが多いです。(もちろん入れてもいいんですよ~!)『疲労回復』や『美肌効果』などが期待できます。

 

 

このように同じ甘酒でも使用されている原料や製造方法の違いで特徴や効果が変わってくるんですよ~。そして酒粕甘酒には甘さ出しに砂糖が必要不可欠なんですね👀💡

酒粕甘酒と米麹甘酒どちらの方が体にいいのかなんて抗争があったりするらしいのですが、それぞれ体に良い成分や効果が期待できるので、その時の気分や求める効果によってチョイスをするのも良いですね(`・ω・´)

 

 

 

おわりに

今回は甘酒の種類とその効果についてお話させていただきました!

体にも美容にも良い甘酒。健康のためにも日々取り入れていきたくなりますね。次回もまた甘酒についてお話ししたいと思っています😆

 

最後までご愛読ありがとうございます!
また、お会いしましょう♪

 

All photo by 写真AC

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)