佐藤さんではなく、砂糖さんはいるのか?

みなさん、こんにちは。製造担当のジャッキーです。

 

当社はお砂糖屋さんで、よくメールなどにも“砂糖”という単語を使います。

また世の中には“佐藤”さんもいらっしゃって、メールを書く時など、たまに誤変換してしまったり、間違ったりしてしまいます。

 

そこで、ふと思いました。

 

 

世の中に“佐藤”さんではなく“砂糖(さとう)”さんはいらっしゃるのだろうか?と・・・。ちなみに“佐藤”さんは日本全国で約180万人もいらっしゃって、全国1位(!!)の苗字ですね。

 

photo by 写真AC

photo by Unsplash

“砂糖(さとう)”さん、いらっしゃいました。

日本全国で約30人ほど、ルーツは宮崎県の日南市とされ、現在でも約20名の方がいらっしゃるとか。他にお隣の鹿児島県に10人ほど、飛びますが京都府にもいらっしゃるようです。

当社と同じように職業として、砂糖を取り扱っていたからとか、元々はいわゆる藤原家の“藤家”から“佐藤家”、さらに“砂糖家”となったとも言われています。

名前が“砂糖(さとう)”さんだと聞き返されはしますが、一発で覚えてもらえそうですね。

 

 

photo by pixabay

ちなみに、“塩(しお)”さんは全国で約1000人ほどいらっしゃり、また、お隣の岐阜市に“塩町”があったりで、“砂糖(さとう)”さんよりもメジャーなようですね。

(ユーミンの曲で、“SUGAR TOWNはさよならの町”という名曲がありましたが、意味が違いますね^^;)

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)