魔法のやかん?魔法の砂糖?

みなさん、こんにちは。製造担当のジャッキーです。

今、巷ではラグビーW杯の話題で持ちきりですね。(私の周りだけかな!?)

 

 

初戦では、苦戦したものの、世界ランキング10位の日本が、世界ランキング20位のロシア相手に見事逆転勝利!!!

松島幸太朗選手のハットトリック(ゴール(トライ)を3回以上すること)も見事で、今後の活躍、悲願の優勝へ(本音を言えばベスト8以上希望!)好スタートを切りました。

またそんなラグビーW杯の行われている中、釜石市ではフィジー国歌、横浜市ではスコットランド国歌というように、試合に出場する国の国歌(アンセム)を日本人がサポーターとして歌い、各国代表を応援するという光景がみられます。

心が通じ合えるということで、各国の代表にもかなりの好印象を与えているようですね。

 

 

 

さて、ラグビーといえば“魔法のやかん”を思い出される方もまだまだ多いのではないでしょうか。

私も子供のころ“スクールウォーズ”を見て、脳震盪を起こした選手や、疲れてグランドに倒れてしまった選手に“魔法のやかん”から水をぶっかけて、選手を復活させているのを見た記憶があります。ただ最近は、この行為が脳震盪などの場合には、危険な行為であるとして、自粛傾向にあります。

 

 

 

で、お砂糖の話ですが、お砂糖も“魔法のやかん”程ではないですが、しっかりと疲労を回復させることができます。受験勉強で疲れたとき、長時間運転した後など、血糖値が低下し、脳の活動が低下した際には糖分を補給することは、有効な疲労回復手段です。

フランスでは“角砂糖とキャンディーで安全運転を”という標語があるくらいです。

 

 

お砂糖と疲労回復の話については、当社“ギンさん”のブログが詳しく説明してくれていますので、ぜひそちらもご一読ください。

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)