夏目さんからいろいろあって砂糖に繋がる話

みなさん、こんにちは。製造担当のジャッキーです。

 

 

いやぁ~びっくりしました。

タレントの有吉弘行さんとフリーアナウンサーの夏目三久さんがご結婚とのこと。

 

2011年ですからもう10年前ですね、夏目さんがフリーになられて、“マツコ&有吉の怒り新党”にアシスタント(!?)に出られて、マツコさんと有吉さんにいじられ(いじめられ?)ながらも健気にコメントを返されているのを見ていましたが、まさかご結婚されるとは。

 

確かにその後、一時噂になることもありましたが、ほぼ噂が立ち消えになっているような状態(当家比)でした。

 

夏目さんには娘が見るアンパンマンの映画“それいけ!アンパンマン 妖精リンリンのひみつ(ミクッキー役)”でお世話になっておりますが(なんのこっちゃ)、お二方には末永くお幸せになられることをお祈りいたします。

 

さて、夏目さんと言えば夏目漱石(強引)。

 

あの“吾輩は猫である、名前はまだない”で始まる、“吾輩は猫である”の作者です。

 

実はその“吾輩は猫である”の文中に“毎朝主人の食う麺麭(パン)の幾分に、砂糖をつけて食うのが例であるが、この日はちょうど砂糖壺が卓の上に置かれて匙(さじ)さえ添えてあった。”

 

 

等々、主人が朝の食事の際、パンに砂糖をかけて食べる描写が出てきます。

 

まだまだこの時代は“ご飯に味噌汁”が朝食の主流でしたから、夏目漱石自身がイギリスへの留学帰りだったこともあり、作中の“主人”に自身の食生活が投影され描写されているのでしょうね。

 

職業柄、こんな文学作品に“砂糖”が出てくるだけで、嬉しくなってしまいます。職業病でしょうか。

 

 

 

※ 夏目漱石のゆかりの愛媛県の道後温泉

 

夏目つながりで、今回の記事を書かせて頂きましたが、有吉さんと夏目三久さんには“あまーい”生活を送って頂ければなんて思っております。(ベタ×2)

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

All photo by 写真AC

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)