鹿児島県の奄美諸島だけで作られている「黒糖焼酎」とは?

みなさん、こんにちは。製造担当のジャッキーです。

先日、近所のショッピングセンターで買い物しておりましたところ、ふと“奄美黒糖焼酎”とラベルの貼ったビンが目に飛び込んでまいりました。

 

 

へえ~こんなのがあるんだと思いつつ、当然、お砂糖屋さんですからその場で“物は試し”と即買いいたします。

家に帰って、飲む前にまず、“れんと”って商品名が気になっていたのでググって見ました。名前の由来は音楽用語の“Lento(ゆっくりゆるやかに)”から来ているそうです。

 

もっと深掘りしようかとも思ったのですが、ビンの色といい、ラベルといい、“ゆっくり波打つネクタル”といい“早く飲んでくれ”とゴーストが囁きかけてきます。

 

 

こうなると、もう我慢できません。

 

早速香りを嗅いで、自己満足に浸った後、一口、口に含みます。“ふうわぁっ”のいう感じでコクがあり甘い香りが・・・というのを予想していたのですが、思いのほか“スキッ”とした味わい。逆に清涼感すら感じます。

女性にも受けそうだな・・・なんてことを思いつつ、その日は“オクラ”をつまみながら美味しく頂きました。

 

こちらの“れんと”はお値段も720mlで1200円ほど、お手軽ですので、自分へのご褒美にぜひ試してみてください。少しの“幸せ”を得られるかもしれません。

 

そしてこの”れんと”以外で奄美黒糖焼酎と呼ばれるお酒はいろいろあります。米麹サトウキビの絞り汁から作った純黒糖を原料に作られたお酒のことで、奄美大島酒造協同組合の地域団体商標にもなっている言わば地域ブランド商品です。全国的に流通はされていますが、知名度は低いと言われておりなかなかお目にかかれない商品もあるようです。もしお酒売り場や居酒屋に行く機会がありましたら探してみてくださいね。

 

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)