希少糖「プシコース(アルロース)」って知っていますか?

こんにちは!製造担当のヨシです。

今回は「希少糖 プシコース(アルロース)」のご紹介をします。みなさん、希少糖って知っていますか?最近よく見かけるのではないかと思います。

 

 

 

希少糖とは

photo by Unsplash ※写真はイメージです。

希少糖とは、「自然界に存在量が少ない単糖(糖の最小単位のこと)と糖アルコールなど」であり、英語でレアシュガーといいます。自然界には約50種類以上の希少糖が存在していると言われていますが、その存在は糖全体の約1%にも満たないんだとか(^_^;)希少糖というだけあって、ほんとに希少なんですね。

 

 

 

プシコース(アルロース)は日本と海外で呼び方に違いがある?

希少糖にもいくつか種類がありますが、その1つであるプシコース(アルロース)という希少糖についてお話をしていきますね。まずは名称からいきましょう。実は日本と海外では呼び方に違いが。日本では「プシコース海外では「アルロースと呼ばれます。

なんでも海外では、「プシコース」の発音が別の意味に受け取られる可能性があるらしく、呼び方に違いがあるんですって。そのため、記事の冒頭から「 プシコース(アルロース) 」の表記にしていました(‘ω’)ノ

 

 

 

プシコース(アルロース)の特徴

photo by Unsplash

近年にはプシコース(アルロース)の研究が進み酵素によって果糖(フラクトース)から、効率的に作ることができるようになりました。

そして驚きΣ(・□・;)カロリーは、ほとんどゼロなんです。甘味度は砂糖の7割ほどで、どちらかといえば清涼感のある甘みです。あっさりとしてキレが感じられる味がしますよー(^^)

 

 

 

プシコース(アルロース)が含まれている植物って?

photo by 松谷化学工業株式会社

このプシコース(アルロース)が含まれる植物としては、いちじく、レーズン、ズイナ(葉)が代表的に挙げられます。中でも1番多くプシコース含んでいるのはズイナ(葉)なんですよー!(ズイナはユキノシタ科 / ズイナ属の落葉低木で、開花期は5月~6月頃になります。)

 

 

 

 

まとめ

今回は「希少糖 プシコース(アルロース)」 についてお伝えしました!さいごにもう一度おさらいを(#^^#)

 

  • 希少糖は「 自然界に存在量が少ない単糖と糖アルコールなど 」のこと
  • プシコース(アルロース)は、 酵素によって果糖(フラクトース)から効率的に作ることができるようになった
  • プシコース(アルロース)のカロリーはほとんどゼロで、甘味度は砂糖の7割

 

 

最後までご愛読ありがとうございました。

 

監修:松谷化学工業株式会社

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)