こんな時こそ、砂糖でおいしく楽しく!

みなさん、こんにちは。製造担当のジャッキーです。

今、日本だけでなく世界中で新型コロナウィルスが大流行してしまっています。元々は中国の武漢で発生し、瞬く間に近隣の日本や韓国だけでなく、世界中に広まっています。

photo by Unsplash

 

 

15年以上前ですが、私自身が“三国志”の大ファンということもあり、曹操VS孫権、劉備の連合軍が戦った湖北省の武漢赤壁古戦場を訪れた際には、田舎の町に毛が生えた程度で、しかも長江沿いの壁に“赤壁”と赤字で書かれているだけで、少し拍子抜けをしたことを覚えています。まあ、西暦でいうと208年頃、1800年も前のことですから、当たり前と言えば当たり前ですね。。。

ただ映画“レッドクリフ”で取り上げられたりしたことで、今では当時の衣装をまとって観光客をお出迎えしたり、立派な城壁(門)ができるなどして、テーマパーク化してるようです。

この災禍が落ち着き、平常に戻ったら当時を偲ぶ意味でも今一度訪れたいです。

photo by 写真AC

 

 

こんな私にとっては、思い入れのある武漢から発生した新型コロナウィルスですが、そのせいで、日本全国ほとんどの小中学校で休業措置が取られ、自宅待機されているお子様も多いのではないでしょうか。そこでささやかな、ホントささやかな砂糖を使った“楽しみ”を記させていただければと思います。

 

サイダーなどの炭酸飲料は、振ると中身があふれてきますよね。これを振らずに砂糖を使って溢れさせ、楽しんで頂く方法です。

  1. まずはサイダー一本、スプーン一杯のお砂糖、あふれたサイダーを受けるための器を用意してください。
  2. 器の上にサイダーを置き、用意した砂糖を一気にサイダーの中へ入れてください。この時、少しずつではなく、一気に入れてください。
  3. するとあら不思議、サイダーが勢いよく噴き出てきます。(一気に入れるのがポイント)

 

“なんじゃいそら、それだけかい!”と思われた方、はい、それだけです、すいません。ただこういうのも使いようで、用意した器にフルーツなどを盛っておき、そこへサイダーを溢れさすと立派な“フルーツポンチ”に早変わり。

photo by 写真AC

ケーキに年齢分のろうそくを刺して、吹き消したり、用意したグラスタワーにシャンパンを注いだりと同じような“イベント”ありますよね。

 

退屈になりがちなこの時期のお子様へのおやつに、少しの“香辛料”としてやってみるのはいかがでしょうか。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)