簡単に作れる和スイーツ「豆乳もち」コーヒー味のご紹介♪

こんにちは! あっさりめの甘いものが好きなヨシです。

前回は「抹茶豆乳もちの作り方」をお伝えしました。

 

抹茶のほんのりとした苦みと、トッピングしたきなこの優しい甘みが絡み合うおいしい和スイーツでしたね(*´ω`*)そして今回は「豆乳もちの作り方 アレンジ編」をご紹介していきますよ~。

photo by pexels

 

 

豆乳もちをアレンジして作ろう

前回の記事までは「成分無調整 豆乳」を使っていましたが、今回はアレンジということなので、使う豆乳を少し変えていきたいと思います(*^▽^*)使う豆乳は、「豆乳(麦芽コーヒー)」です(勝手ながら私の好みで決めました💦)!

そしてトッピングするきなこには、黒すりごまを加えてみました。作り方は前回までと変わりません☺

 

 

 

豆乳もちの作り方

(材料)

  • 豆乳(麦芽コーヒー)   200ml
  • 片栗粉          40g
  • 砂糖(上白糖)      18g
    ☆きなこ         16g
    ☆砂糖(上白糖)     18g
    ☆黒すりごま       3g
    ☆塩           少々

 

(作り方)

(1)まぶす用のきなこ作り
☆の材料を器に入れて、よく混ぜておきましょう。

(2)均一になるように、片栗粉と砂糖(上白糖)をあらかじめ混ぜておく

(3)小鍋に(2)を入れ、豆乳を少しずつ加えて混ぜる
(2)が全体的に溶け切るように、泡だて器で混ぜましょう。

(4)(3)を加熱して、かたい糊状になるまで木べらで練っていく
はじめは、中火でとろみがつくまで混ぜながら加熱します。糊状になるにつれ、焦げやすくなるので火加減を調整しながら加熱をしていきましょう。

(5)水で軽く濡らしておいた耐熱容器に、(4)を流し入れる
流し入れた後は平になるように、形を整えましょう。粗熱を取ったら、冷蔵庫に入れ冷やして固めます。1時間ほどで完全に固まりますよー!

(6)食べやすい大きさに切って、きなこをトッピングする
冷やし固めたら、食べやすい大きさに切りましょう。

 

器に盛りつけ、上からきなこをお好みの量をふりかけて完成!お好みで黒蜜やメープルシロップをかけて召し上がってください。作り方は以上となります!

 

今回は、「豆乳(麦芽コーヒー)」 + 「黒すりごま入りきなこ」の組み合わせでしたがお好みで使う豆乳やトッピングに入れるものは、もちろん変えていただいて大丈夫です(*^▽^*)豆乳もたくさん種類があるので、食べ比べしてみてもおもしろいですよね。

個人的には、“ 豆乳(抹茶)で作る抹茶豆乳もち ”と、前回の記事でお伝えした“ 抹茶パウダーから作る抹茶豆乳もち ”の食べ比べをオススメしたいです。

 

 

 

まとめ

今回は「豆乳もちの作り方 アレンジ編」をお伝えしました。アレンジのポイントは、使う豆乳とそれに合わせたトッピングのきなこかなと思います。ぜひみなさんもお好きな味で、豆乳もちをアレンジして作ってみてくださいね♪

 

さいごに、とある週末のお話をしてもいいでしょうか。友達Kちゃんとカフェに入ったときのこと。私がコーヒーをオーダーすると…

 

友達Kちゃん「コーヒーはブラック派?」

私「もちろんブラック派だよ。でも飲み方に少しこだわってるかも。半分はブラックでコーヒーの味を堪能して、残り半分はミルクと砂糖を入れて飲み干すんだよね。」

友達Kちゃん「こだわりがあるんだね。でもそれってブラック派って言えるの?」

 

 

と笑われてしましました(^_^;)

どうなんでしょうか。一応半分はブラックで飲むんですけどね。みなさんも、コーヒーを飲むときにこだわっていることってないでしょうか?あれば教えていただきたいものです(;´・ω・)

 

 

ご愛読ありがとうございました。またお会いしましょう~。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)