砂糖の木の餅を背負って上るとは?

みなさん、こんにちは。製造担当のジャッキーです。

 

最近は、Facebookやツイッター、LINEなどといったSNSで、友人や家族と連絡を取ることが日常になっていますね。

私自身も高校時代の友人や、学生時代の友人たちとLINEでグループを作って、近況を報告したり、連休前に連絡を取り、飲みに行く約束や、ボーリングに行く約束(学生時代にめちゃはまりました)をしたりして活用しています。

photo by Unsplash

 

 

 

そんなLINEに先日、学生時代の友人が、真夜中に“タチウオ”を釣り上げた画像をアップしました。どうも夜中に釣りに行き、大漁(13匹も釣れたとのこと)だったため、画像をアップしたとのことでした。

その時は“お、なんか凄いな”というレベルの感想で、“おめ~(死語)”レベルの返信をしたのですが、なんとそこから1週間後、同じような真夜中の時間に、TVの宣伝でしか見ないようなレベルの“伊勢海老”の画像と動画が送られてきました。

完全に30㎝は超えており、友人曰く、“嬉しくて速攻LINEした”とのことでした。

 

 

photo by 写真AC

これを見た私は、釣りには大してというか、全く興味がなかったのですが、昔からその友人に誘われていることもあり、さっそく次の週の週末に、友人と一緒に釣り(というか、まったく経験もなければ道具もないため、一緒に行くだけ、あわよくば、獲物をゲットしたいという下心)に行きました。

 

 

 

photo by Unsplash

さて当日ですが、雨、雨、雨の悪天候の上、まったく何も釣れずボウズ(釣果無し)。。。私としては、“濡れ手で粟”、あるいは“砂糖の木へ餅を背負って上る”つもりで出かけたのですが、うまくはいかないものですね。ですが、改めてリベンジしたいと思います。

 

 

“砂糖の木へ餅を背負って上る”

うまい話のこと。こたえられぬことのたとえ。似たようなことわざに“ぼたん餅食って砂糖の木に登る”なんていうのもありますね。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)