あなたは「左党」さんですか?

みなさん、こんにちは。製造担当のジャッキーです。

 

先日、高校時代の友人から突然電話があり、“今、名古屋におるから飲みにいかん?”とお誘いがありました。

彼は仕事柄、日本全国を取材のため、年中飛び回っておりますが、朝の動き出しが遅い(私のAM7時が彼のAM10時に当てはまるでしょうか)ためなのか、はたまたPM7時だと、“今日は早く仕事が終わった”と感じるのか、こちらの状況などお構いなしに連絡してきます。

私は翌日も仕事があることから、最初のうちは断っていたのですが、“おごるから”の一言に負け、ついつい飲みに行くことになりました。

 

とにかく彼はお酒が大好きです。私などはまずは“ビール”あるいは“酎ハイ”から入るのですが、彼は“焼酎、ロックで”てなもんで、骨の髄から“左党さとう或いはひだりとう)”です。

で、ここでやっと記事にしたいフレーズが出てまいりました。

そう、“左党”ですがお酒が好きな人を指す言葉です。

 

ではなぜお酒が好きな人を“左党”(或いは左利きともいう)と言うのでしょうか。三択にしてみました、皆さんもちょっと考えてみてください。

 

  1.  昔はお酒を飲むときに、砂糖”を一緒になめながら飲むことが一般的で、そこから酒を飲む人→砂糖左党(さらに派生して左利き)となった
  2.  甘党といえば砂糖、辛党(酒好き)といえば左党(さらに派生して左利き)という風に同音異義語をあてた
  3.  ノミ(工具)を持つ手が左手なので、ダジャレで、“ノミ手”を“飲み手”にかけ、左利きが左党となった

 

いかがでしょうか?

どれもなんだか苦しいようですが…

 

 

 

 

 

実は「3です。(諸説ありますが、最も有力なものです)

 

江戸時代、鉱夫や大工は右手に槌(つち)、左手に鑿(のみ)を持つことから右手のことを“槌手”、左手のことを“ノミ手”といいました。ここから“ノミ手”→“飲み手”となり、酒好きを左利き或いは左党というようになりました。

 

言い出したのは、おそらくおじさんだったんでしょうね。。。

ちなみにですが、“左党”の友人は、右利きです。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

All photo by 写真AC

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)