ミントシロップを作ってミントを好きになろう!

こんにちは!苦手な食べ物をなくしたいヨシです!

私事ですが、最近は苦手な食べ物を克服しようと頑張っているこの頃です(汗)
とりあえず、ホルモンと茶碗蒸しを克服しました!

次はミント克服を目指して! 今回はミントシロップのお話です。ミントと聞くと、それぞれ好みがはっきりと分かれるかもしれませんね。苦手な方はもちろん一緒に克服を、お好きな方はもっとミントを好きになりましょう~♪

 

 

 

ミントシロップを作ろう

ミントシロップは、ミント砂糖の材料で作れちゃいます。

 

<材料>

  • 水   500ml
  • ミント 150~200g(お好みの量)
  • 砂糖  150g(お好みの量)

ミントの味にもそれぞれ好みがあるかと思いますので、ミントはお好みの量で大丈夫です。
砂糖もお好みで甘味を調整してくださいねヽ(´▽`)/

材料の準備が整ったら、早速作っていきましょう~!

 

<作り方>

1) まずは鍋に水とミントを投入し、沸騰させましょう。ふつふつしてきたら、火を止めます!蓋をして冷めるまで、ミントの精油成分をしっかりと抽出しましょう。

2) ミントをこして、砂糖を入れて10分ほど煮詰めます。もしミントの量が少ない場合は、煮詰める時間は5分もしくは量に合わせて減らしましょう。煮詰めたら完成!

3) あらかじめ煮沸消毒しておいた清潔なビンに入れて冷蔵庫で保存しましょう。

 

ポイント

煮詰めすぎると、えぐみが出てしまい、せっかくのミントの精油成分が揮発してしまうので
煮詰めすぎには注意!

 

 

 

ちょっとの分量の差で

実際に、材料を自身のお好みの量にしても作れるかやってみました!!

水はミントが浸かるくらい、ミントはだいぶ少なめ、甘めが好きなので砂糖は少し多めにいれました。あくまで個人的な感想ですが、砂糖を入れた後の加熱時間が長くなるほど、ミントの香りと味が薄くなっていたように思います。ポイントとしても述べましたが、砂糖を入れた後の煮詰めすぎには注意しないといけませんね(>_<)

出来上がったシロップを食べてみると、甘いかなり(汗)砂糖多めに入れたのでかなり甘めだったんですが、ほのかにミントの香りと爽やかな味がしました。一言でまとめると、“ 材料を自身のお好みの量にしてもめちゃんこおいしくできた! ”です(^_^)/出来上がりは上の写真です♪

 

 

ミントシロップの使い道

定番の水割り

定番もののといえば水割りのミント水ですよね。お水にミントシロップを加えるだけ♪
一番手間がかからずにすぐに飲めちゃいますよ。

 

 

冷たいものと合わせて

かき氷やアイスクリームにかければいつもと違う夏のデザートに。

氷を入れてキンキンに冷やした炭酸水にミントシロップを入れれば、シュワっとした中にミントが香って爽やかな味になります。炭酸割りは、お好みでレモンやライムをいれると、よりさっぱりとした味わいに(*^ー^)ノ他にもアイスコーヒーやアイスココアに入れるのもオススメ。アイスココアに入れると、今話題のチョコミントのような味が楽しめますよ。

 

 

温かいものと合わせて

温かい紅茶に少し垂らして、ミントの香りを楽しむのもアリですね(^_^)
よりリラックスできる、くつろぎティ-タイムになりますよ~!

 

 

他にもいろいろ

ヨーグルトにかけるのも意外にもおいしいんだとか!ミントヨーグルト味というと想像しにくいですが、ぜひお試しあれ~。他にも自家製のアイスクリームやお菓子作り、カクテル作りなどにと色々と活用できちゃいますよ。

 

 

 

まとめ

今回はミントシロップをご紹介しました(^○^)

シロップに使うミントは、ペパーミントやスペアミントなどお好きなものを使ってください。
使う砂糖も、キビ糖や黒糖を使うと一味違うシロップになるので使い道に合わせて試してみるのもいいですね♪

ミントシロップの日持ちはある程度はしますが、なるべく早めにいただいてくださいね。
もしシロップの状態を見ておかしいなと思ったら、使わずに処分してください。

 

ご愛読ありがとうございました! またお会いしましょう~。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)