水に浮かぶその理由は?塩も砂糖も関係ある?

みなさん、こんにちは。製造担当のジャッキーです。

今回は“砂糖水に卵(※生卵)は浮くのか”について、書いてみたいと思います。

 

よくTVなどでも“死海”の映像が流れ、浮き輪や、ライフジャケットをつけているわけでもないのに、プカプカと浮かぶ人が映っていたりして、濃度の高い塩水に人が浮くというのは、結構皆さんもよくご存じだと思います。

 

では、砂糖水に卵は浮くのでしょうか?(砂糖水に人は浮くのかをやってみたいとは思いましたが、あまりの準備の大変さに断念、卵にてチャレンジとしました、残念。)

 

まず普通の水に対して卵は浮きません、沈みます。

 

そこで、200mlの水を用意し、そこへ砂糖を投入していくことで試してみました。

なんと、水200mlに対し砂糖を60g入れた段階で、卵は浮きました

水は1mlあたりの重さが1gです。密度は1です。

これに対し、卵の密度は1.09なので水より卵の方がより密度が大きく(ギュッと詰まってるイメージ)、沈みます。

そこで、水に砂糖を溶かし”砂糖水“の密度を大きくすることで、砂糖水であっても卵が浮くんですね。

 

 

 

結論:塩水だけでなく砂糖水でも卵は浮く

 

因みに200mlの水に対し、塩は20g~30gで卵は浮きます。

人生は浮き沈みなんて言いますが、人生も甘い人生より、しょっぱい人生の方が浮く(上昇する)んでしょうか。

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)