すごいゴーヤの力!そして砂糖との相性は?

みなさん、こんにちは\(^o^)/
製造担当のヨシです♪

今回は、ゴーヤのお話。ゴーヤと言えば夏の旬の野菜ですが、苦いですよね。苦手という方もいるかもしれません(>_<)

ゴーヤはウリ科の野菜で、呼び方はゴーヤニガウリなどと呼ばれます。ちなみに沖縄の方言ではゴーヤーと伸ばして言うんですよ。

 

 

 

ゴーヤに含まれる成分による効能を知ろう

ビタミンCが豊富!

ゴーヤにはトマトの5倍ものビタミンCが含まれています。ビタミンCには、免疫力の増強、美白効果、ストレスの軽減、日焼け防止などの効能があります。

 

ゴーヤの苦味成分

ゴーヤの苦味成分であるモモルデシンには、血圧・血糖値を下げる効果や肝機能を高める、食欲を増進させる、夏バテ防止などの効能があります。

他、食物繊維やカリウムも含まれているので、腸内環境を整え高血圧予防効果もあります。

モモルデシンは、胃液の分泌を促す作用があり、過剰摂取すると胃液が過剰分泌され胃に負担がかかってしまうことがあります。そして場合によっては腹痛になってしまうことがあるためゴーヤの食べ過ぎには注意が必要です!

 

 

 

ゴーヤをおいしくいただこう!

ゴーヤと言ったら、定番のチャンプルー!木綿豆腐、豚肉と卵で作れちゃいます。

ゴーヤチャンプルーなど炒め物をする時には、当然油を使いますよね。実は油とゴーヤを組み合わせると苦味を抑えてくれるので、苦味が苦手という方には炒め物がオススメです。また、鰹節を入れると旨味の味が追加されよりおいしくなります。

ここで!鰹節ときたので…、私が一番オススメしたいのはゴーヤのつくだ煮です(^_^)

みりんや砂糖などで甘めの味付けにして、煮て作ります。ご飯のお供としてもピッタリ。他にはサラダや揚げ物としてもおいしくいただけちゃいますよ。

 

 

苦味を減らすには

ゴーヤの苦みを減らすには、4つ方法があります。

  • 塩でもみ込む
  • 塩 + 砂糖でもみ込む

もみ込んだ後は、10分程置いてからさっと下茹でします。茹で過ぎてしまうと栄養素が抜けていってしまうので、茹で過ぎには注意!

  • 油と合わせる
  • 旨味のあるものと合わせる

こちらは、炒め物や鰹節などとあわせるということで、上述の通りですね(*^ー^)ノ♪

 

 

 

さいごに

ゴーヤの中綿と種、大抵は食べるときに取り除いてしまいますよね。

実はゴーヤの中綿には、皮の3倍も多くビタミンCが含まれており、種にはダイエット効果がある共役リノール酸が含まれているんです。

これからは、中綿と種も捨てられません\(゜ロ\)(/ロ゜)/ 食べなくちゃ!!

ぜひ夏の旬の野菜ゴーヤ、砂糖を使っておいしくいただいてくださいね。

 

ご愛読ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)