砂糖の数え方はたくさんあるって知っていますか?

みなさんこんにちは(^_^) 製造担当のヨシです。

前回までは和三盆糖、砂糖が料理や脳に与える効果についてお伝えしてきましたね♪

 

ところでみなさん、砂糖にどのくらい数え方があるのか知っていますか?

それくらい分かる、そうですよね(^_^;)もちろん、知っていることは多いと思いますが砂糖の種類や商品の形態、使う時など場面によって数え方は変わってきます。そのため意外にも、砂糖の数え方はたくさんあった\(゚ロ\)(/ロ゚)/

 

そこで今回は、砂糖数え方について見ていきましょう♪

 

 

砂糖の単位と数え方

 

氷砂糖

単位: 個 、 塊

数え方 1(いっこ) 、 1塊(ひとかたまり)

 

角砂糖  

単位: 個

数え方 1(いっこ)

 

ザラメ 

単位: 粒 、 顆

数え方 1粒(ひとつぶ) 、1顆(いっか)

 

砂糖を使う時

単位: 匙 、 掬い 、 杯 、カップ

数え方 1(ひとさじ) 、1掬い(ひとすくい)、1杯(いっぱい) 、 1カップ(いちかっぷ、ひとかっぷ)

 

小売単位

単位: 袋

数え方 1(ひとふくろ)

 

昔は小売単位を「叺(かます)」と数えました。「叺」とはわらむしろを2つ折りにして、淵を縫い閉じた袋のこと。魚のカマスは大きな口が叺(袋)に似ていることが名前の由来とも言われています。

 

スティックシュガー

単位: 本

数え方 1(いっぽん)

 

小分け包装された液状の甘味料(ガムシロップなど)

単位: 個

数え方 1(いっこ)

 

といったところです。

時代によって呼び方が変化しているのもあっておもしろいですね!

 

 

最後に

ちなみにみなさん、砂糖一斤って分かりますか? パン一斤ならよく聞くけど …?

実は砂糖一斤とは重さの単位で600gのことでした(^_^;) パンだと340g以上と定められています。

と最後はちょっとした豆知識を(^^♪

 

今回もご愛読ありがとうございました。またお会いしましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA