砂糖屋が教える、正しい保存方法。

 

こんにちは。
品質管理を担当している加藤です。砂糖についていろんな角度からお話できればと思っております。

早速ですが今回は保存方法について。今では砂糖をもらっても“どうやって保存しておいたらよいかわからない”という方も多くみえますし、よくご質問をいただきます。

砂糖屋だから自信をもって、正しい保存方法とその理由についてお伝えいたします。

 

砂糖は常温で保存してください。

砂糖は本来、非常に安定した食品です。

保存するためには、温度・湿度の変化があまりない状態が最も望ましい環境です。そのため、常温で保存するのが適した方法です。

最も望ましい保存方法は、タッパーやジップ付きの保存袋などの密閉容器に入れて保存する事です。

 

冷蔵庫で保管すると…?

冷蔵庫に入れること自体が悪いということではありません。しかし、温度・湿度を意図的に変える事になります。

そのため、その環境に適すように、砂糖が安定をするために水分調整を行ってしまいます。これによって、袋や容器に水分が付着してしまったり固まってしまったりすることがあります。

そこで、冷蔵庫で保存したいと思う場合にはタッパーやジップ付きの保存袋などの密閉容器に入れましょう。冷蔵庫から出した際に結露するため、結露したまま開封すると固化などの原因になってしまいます。

そのため、冷蔵庫から出した際には、密閉容器のふたを開けるのは全体が室温に戻ってからにしましょう。

 

温度・湿度で砂糖が変化する仕組み

ここからはもう少し詳しく砂糖の性質についてお話いたします。

砂糖の結晶の表面は、薄いみつ膜(ショ糖と転化糖と水の混合液)に包まれています。外気が乾燥していると、みつ膜は水分を放出してバランスを保とうとします。

ところが、それ以上に水分を放出してしまうと、みつ膜の濃度が高くなって、溶けていたショ糖分が結晶となってしまいます。その小さな結晶同士が連結して大きな結晶を作ろうとしてしまうために砂糖が固まったようになるのです。

逆に外気が湿気ていたり、外気温が高かったりする場合、みつ膜は水分を吸収してバランスを保とうとします。その結果、砂糖が湿った状態になりベトベトしたようになってしまいます。

なので出来る限り温度や湿度が一定に保たれるよう、常温で密閉された容器に保存をしていただきたいです。

 

ちなみに、砂糖は賞味期限がありません。

保存方法とおなじくらいよく質問をいただく「お砂糖の賞味期限はいつですか?」ということ。答えとしては、保存方法を守っていただければいつまでも。ただし、加工がしてあるものなど例外もございますので必ずご確認をお願いします。

そして「お砂糖が黄色っぽくなってしまったものはもう使えませんか?」というご質問もいただくのでここで。これは、酸素の影響で砂糖が褐変反応(メイラード反応)を起こしたことによりなるものです。糖とアミノ酸が反応し、色素を作りだすことからできています。しかし食品としては全く問題はございません。安心してお使いください。

 

それでは今回は砂糖の保存方法について、なぜそのように保存していただきたいかをお話させていただきました。参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)