1人あたりどのくらい砂糖を使っているのか?世界で比べてみました!

みなさん、こんにちは。製造担当のジャッキーです。

皆さんは砂糖が好きな国がどこだかご存知でしょうか?

 

熱い地域の方がよく消費されている?
はたまた寒い地域の方が消費されている?

私個人としては、中東方面で紅茶に“ドサッ”と山盛り入れているイメージがあったりするのですが・・・。

 

今回は2017年の主要各国の年間1人あたりの砂糖消費量をもとに、見ていきましょう。

 

 

 

第5位 タイ

1人当たりの消費量は44.2㎏/年

タイ料理といえば“辛くて、酸っぱくてそして甘い”という私個人の印象なのですが、皆さんはどうでしょうか?

タイでは街中の食堂でも普通に、卓上に“砂糖”が置いてあったりして、麺類やチャーハンにもかけて食べられています。私は苦手でしたが、タイではポピュラーな食べ方ですね。

 

 

 

第4位 ニュージーランド

1人当たりの消費量は46.7㎏/年

個人的には意外でした。すごく健康志向な国のイメージがあったものですから。。。

ただ、現地のケーキ“パブロバ”などにはかなりの砂糖を入れることから、やはり砂糖の好きな国なんですね。

 

 

 

第3位 キューバ

1人当たりの消費量は47.6㎏/年

3位のキューバはイメージ通り(当社比)ですね。
15世紀には既に砂糖産業が盛んだった伝統のある“砂糖の国”。
アイスクリームを食べる時も大量のお砂糖をふりかけ、混ぜて食べるのがキューバ流。

 

 

 

第2位 ブラジル

1人当たりの消費量は52.6㎏/年

ブラジルといえば、コーヒーの生産でも有名(生産量世界1位)。当然コーヒーを飲むときにも大量の砂糖を入れます(入れることが一般的です)。日本だとブラックなんて選択肢もありますが、ブラジルでは4,5杯入れるのは当たり前!?

 

 

 

第1位 マレーシア

1人当たりの消費量は56.6㎏/年

栄えある第一位はマレーシア!2019年7月より砂糖の入った飲料に税金を課す(予定)ほどの砂糖好き。(タイ、ブルネイなどにも同様の税制有り)

カフェでコーヒーや紅茶を頼むとたいてい、たっぷりとお砂糖が入っています。あまり慣れていない方は、注文の際“砂糖控えめで”と付け加えましょう。

 

 

 

番外 日本

1人当たりの消費量は16.6㎏/年

我が国では、マレーシアの1/3程度なんですね。因みに世界平均は22.8㎏/年、日本では世界各国と比べて、あまり消費されていないことがわかりますね。

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)