子どもと楽しめる!砂糖でマジック♪

 

みなさん、こんにちは。製造担当のジャッキーです。

本日のテーマは「子どもと楽しめる!砂糖でマジック♪」です。

普段、製造をしているときに、砂糖の飽和溶液を作ることがあります。

飽和水溶液とはある一定の温度で砂糖を水に溶かし続けて、砂糖水がある一定の濃度に達し、それ以上砂糖が溶けなくなったときの砂糖水

 

ビーカーに水を入れ、砂糖をゆっくりと溶かし込んでいくのですが、スプーンをクルクル回しながら、娘のことを思い出し“どうなんだろ、娘くらいの年ごろだと、砂糖は水に溶けるのが当たり前なのかな?”と。

ここでふと、もうこれ以上溶けない飽和溶液にさらに砂糖を入れ、“ほら、パパは水に溶けない砂糖を開発したんだ、すごいだろ”なんてことをやったら、娘は驚いてくれるかもと思い。。。
実行してみることにしました。

 

 

 

実験の手順

娘のいないところで、常温の水にだいたい倍の砂糖を溶かし(参考:20℃の水には204g程度の砂糖が溶けます)、溶けきらなくなった砂糖が出てきたところで、溶け残りの砂糖が混ざらないようにしながら、透明な砂糖水を別のコップに移しました。

同時にただの水だけが入ったコップを用意し、準備完了です。

 

  1. 娘を呼び、まずはただの水だけが入ったコップに角砂糖を入れ、溶ける様子を見せます。“で?”という表情です。
  2. 今度は飽和状態の砂糖水に角砂糖を入れ、混ぜます。当然溶けません、ここで“ほらすごいやろ、水に溶けない角砂糖やで~”と言います。
  3. “おおっ!!、何それ???”と言ってくれるかと思いきや、“先に砂糖溶かしといたんやろ”と言われます。

 

 

実験結果

“親はなくとも子は育つ”

娘の成長を実感した週末でした。

 

 

 

 

ちなみに

あとで聞くと、溶かした時に使ったコップやスプーンが目に入ってしまっていたようです。後片付けも大事ですね。

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)